2019年7月1日、ホテル・旅館の宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」を運営する株式会社Loco Partnersが、「インバウンド旅行動向調査」を発表しました。

7月、8月は海外のサマーバケーションと、花火大会や祭りなど日本の一大イベントが重なり、インバウンド旅行者が特に増加するシーズンです。2019年夏の訪日外国人観光客に人気のエリアと宿泊施設について、ランキング結果をふまえて見ていきましょう。

インバウンドの観光ニーズが多様化

2019年7月15日から2019年8月31日までの予約件数をもとにした、訪日外国人客の人気エリアランキングは以下の通りです。

順位 都道府県
1位 北海道
2位 東京都
3位 沖縄県
4位 大分県
5位 大阪府

「北海道」が第1位です。

夏は緑が美しく雄大な景色を楽しめることや、冬に比べ過ごしやすく長期滞在にも適していることが人気の秘密のようです。東南アジア諸国へのビザ発給要件の緩和や、アジア~北海道間で国際線が新たに就航したことも背景にあると考えられます。

2位以下では東京や大阪など定番の観光地のほか、ビーチリゾートを満喫できる沖縄や、温泉を楽しめる大分もランクインしており、インバウンドの観光ニーズが多様化していることがうかがえます。

インバウンドの国別人気エリアランキングも多様化が目立つ!

続いて、訪日外国人観光客の国別人気エリアランキングを見てみましょう。Reluxが紹介する47都道府県から、上位5都道府県を選出しました。

中国のReluxカスタマーに人気のエリア

順位 都道府県
1位 神奈川県
2位 静岡県
3位 東京都
4位 京都府
5位 北海道

韓国のReluxカスタマーに人気のエリア

順位 都道府県
1位 北海道
2位 福岡県
3位 佐賀県
4位 大分県
5位 沖縄県

香港・台湾のReluxカスタマーに人気のエリア

順位 都道府県
1位 北海道
2位 東京都
3位 沖縄県
4位 大分県
5位 大阪府

英語圏のReluxカスタマーに人気のエリア

順位 都道府県
1位 北海道
2位 東京都
3位 京都府
4位 大分県
5位 愛知県

中国・英語圏のReluxカスタマーは東京や神奈川、京都など、インバウンドに人気の観光地が上位にランクインしています。

一方、韓国・台湾・香港のReluxカスタマーは、九州や沖縄が上位にランクインしました。韓国・台湾・香港は距離的に九州・沖縄と近く、近年ではLCCの新規就航や増便、高速船の就航など交通機関が拡充し、気軽に行けることも人気の理由の一つではないでしょうか。

訪日外国人の旅行先も、定番観光地からそうでないところまで、今後ますます多様化が進むと考えられますね。

まとめ

いかがでしたか?

国によって人気の旅行先が違うことに驚きました。韓国では、距離が近い九州旅行への人気が群を抜いていますね。今後、訪日外国人が日本のあらゆる都道府県を巡ることを予想すると、どのエリアでもインバウンド対策を早めに着手したほうが良いかもしれません。

飲食店の看板・メニュー、観光施設のパンフレット・ホームページなど、多言語対応をお考えの際は、ぜひ弊社にご相談ください!

出典:Reluxトラベルラボ、「2019年夏 インバウンド旅行動向調査」を発表! 人気エリア第1位は北海道!

 インバウンドらぼ 編集メンバー A.F