株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、2019年5月22日に、訪日外国人旅行者との会話によるコミュニケーションを支援する、法人向けios対応タブレットアプリ「タッチで会話」を、全国で提供すると発表しました。

今回は、この「タッチで会話」について、ご紹介します。

参照元:NTTドコモ 報道発表資料 2019522(お知らせ)訪日外国人との会話を支援する法人向けサービス「タッチで会話」の提供開始 -画面をタッチするだけの簡単コミュニケーション-

「タッチで会話」概要

「タッチで会話」は、外国語での会話ができない方でも、タブレット画面上のアイコンや定型文にタッチするだけで、選択した国の音声で該当する文章を、タブレットが読み上げてくれます。

日本語と選択した外国語が一緒に表示されるため、外国の方と素早く確実にコミュニケーションを取ることができる、便利なアプリです。

本アプリは、最大27か国の言語に対応。日本語、英語、中国語、韓国語をはじめとした多くの言語に対応できます。

また、使い方に合わせて、画面に表示されるコンテンツも自由にカスタマイズできるのも大きな特長です。

たとえば、アイコンや地図画像などを設定できます。言葉だけでは伝えづらい道案内なども、アプリに表示した地図などに、指先で書き込みながら対応することもできます。

観光案内所の受付、飲食店・小売店の接客や、病院の診察時まで、さまざまな場所・シーンで有効活用できるアプリなのです。

料金は、1ライセンスあたり1年契約の場合、年間30,000円、月単位の契約の場合、月額3,000円です。

利用シーンに合わせた3つのモード

  • インフォメーションモード

店舗や施設のカウンターなどで活躍するのが、「インフォメーションモード」です。画面上のアイコンをタッチすることで、必要とされる情報を表示できます。

たとえば観光施設なら、営業時間や料金、店舗の特長など「よく聞かれること」はこのモードで対応できそうですね。訪日外国人が必要に応じて「自分で」情報を得られるというところが、このモードの大きなメリットと言えそうです。

  • ヒアリングモード

「ヒアリングモード」は、訪日外国人から情報を収集するのに便利なモードです。

視覚的な情報もうまく活用できるモードですね。たとえば病院なら、症状や体の状態を聞き出す際に活用できますね。画像コンテンツが活用できるので、より直感的に使えそうなところも良いと思いました。

  • アナウンスモード

「アナウンスモード」では、選択した文章を複数の言語で連続して読み上げます。

同時に複数の言語でアナウンスしたい時に役立ちそうです。バスや電車などの公共交通機関、災害時のアナウンスにも役立つと思います。

より柔軟なコミュニケーションを可能にする機能

3つのモードの他に、コミュニケーションを助ける2つの機能が用意されています。

<書き込み機能>

会話だけで伝える事が難しい道案内の際に、表示させた地図画面やWeb上の画面に、指先でメモ書きができる機能です。

いつも使用する画像や、WebサイトのURLなどのお気に入りを任意で追加することもできます。

<カスタマイズ機能>

Excelツールにより、自分でアプリに表示させるコンテンツをカスタマイズすることもできます。

英語・中国語・韓国語の例文 など、各種業界向けのテンプレートが用意されているので、初めての方でも簡単に文章を作成できます。

対応言語

このアプリは、以下の27言語に対応しています。

日本語、英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語、アラビア語、イタリア語、インドネシア語、オランダ語、ギリシャ語、スウェーデン語、スペイン語、スロバキア語、タイ語、チェコ語、デンマーク語、ドイツ語、トルコ語、ノルウェー語、ハンガリー語、ヒンディー語、フィンランド語、フランス語、ヘブライ語、ポーランド語、ポルトガル語、ルーマニア語、ロシア語

参照元:NTTドコモ 報道発表資料 2019年5月22日(お知らせ)訪日外国人との会話を支援する法人向けサービス「タッチで会話」の提供開始 -画面をタッチするだけの簡単コミュニケーション-

まとめ

いかがでしたか?ドコモは「タッチで会話」のアプリを提供することで、増加する訪日外国人に対応する人手不足を解消し、地域経済の活性化に役立てたいと考えているようです。

年間30,000円(1ライセンスにつき)と、 料金的にもお手頃です。訪日外国人の方たちとのコミュニケーションにお悩みの方は、一度検討されてみてはいかがでしょうか。

インバウンドらぼ 編集メンバー H.M