中国最大手の検索サイトを運営しているバイドゥ株式会社(以下、バイドゥ)は、2018年訪日中国人の検索動向ランキングを発表しました。

注目ポイントは2つ

今回のランキングでは、注目したい点が2つあります。

  1. より具体的な地域名・観光内容を検索する傾向に
    訪日外国人の知識が増えてきたことにより、検索内容は年々具体的になってきています。今年は、「奈良 鹿」「大涌谷」「心斎橋」など、より細かく観光対象を検索するという結果が出ました。

  2. 食コンテンツでは、中国の法改正も要チェック!
    昨年はランク圏外だった「フグ」が2位にランクイン。中国では、2016年にそれまで禁止されていた「フグ食」が合法化されました。2年経ってフグのイメージが変わってきたようです。こうした中国の法律の動きも、インバウンド施策のヒントとして注目が必要です。

それでは、ランキングを見ていきましょう。

都道府県検索ランキング

順位 検索キーワード 前年(2017年)比
1位 大阪府
2位 京都府
3位 北海道
4位 愛知県
5位 東京都

昨年ランク外だった「愛知県」がランクインしています。東京、箱根、富士山、名古屋、京都、大阪など日本の主要観光都市を周る観光周遊ルート「ゴールデンルート」の一角を占めるということもあり、今後根強い人気が続きそうです。

一方で、「心斎橋」「横須賀」「那覇」など、都市名・地域名を検索する結果もあります。訪日外国人の知識が充実してきたことで、年々検索キーワードが細かくなっていることが分かります。

観光地・名所検索ランキング

順位 検索キーワード 前年(2017年)比
1位 皇居
2位 清水寺
3位 河口湖
4位 江ノ島
5位 浅草寺

1位に昨年はランク外だった「皇居」がランクイン。改元・新しい天皇陛下の御即位とイベントが目白押しですが、中国人の間でも皇居を訪れようという機運が高まっているようです。 一方で、2016年から2年連続でトップだった「富士山」はランク外に。代わりに、富士五湖の一つである「河口湖」が3位にランクインしました。王道の「富士山」だけではなく、富士山麓の観光にも注目が集まっているようです。

グルメ検索ランキング

順位 検索キーワード 前年(2017年)比
1位 味噌汁
2位 フグ
3位 和牛
4位 定食
5位 お好み焼き

グルメランキングでは、昨年まで圏外だった「フグ」が2位にランクイン。前述の通り、中国では、2016年にそれまで禁止されていたフグ食が合法化されました。フグ食が解禁されてから2年が経過し、イメージが変わってきたようです。こうした中国国内の法律の動きも、インバウンド対策をする上では見逃せません。

また、入れ替わりが激しいのもグルメランキングの特徴です。昨年ランクインしていた「日本酒」「サーモン」「おでん」などはランク外に。食に関するインバウンド施策を行う際は、頻繁なリサーチのもと、常に最新情報をアップデートする必要がありそうです。

いかがでしたか?

「奈良 鹿」「大涌谷」「心斎橋」など、より細かく観光対象を検索していること、観光地ランキングの1位が皇居だったことなど、驚くことが沢山ありました。検索キーワードには、その人の興味があることが如実に表れるので、インバウンド対策を行う上では見逃せない指標になりますね。

インバウンドらぼ 編集メンバー A.F