訪日外国人の増加に伴い、飲食店でも食の多様性が求められる場面が増加しています。比較的想像しやすいところで言うと、ハラール対策やベジタリアン向けの方の食事として、「肉を使わない料理」が考えられるのではないでしょうか。

そういった状況の中、グリーンカルチャー株式会社が開発したのは、「プラントベース・チキンナゲット」。なんと、「大豆」が主原料のチキンナゲットです。

大豆から生まれたチキンナゲット

チキンナゲットなのに大豆?気になりますよね。

大豆のチキンナゲット引用元:プレスリリース

大豆の繊維から、独自の技術で鶏肉の食感を再現しているそうです。鶏肉だけでなく、牛肉や豚肉も当然使われていません。また、それらのエキス類も使われていないそうです。

しかも、調理方法が簡単。油調理のほか、レンジで解凍して食べることもできます。

原料の一部には、卵が使用されているとのことなので、実際に提供する際は、忘れずに表示したいですね。

ピザ、餃子、ラーメンも。奥の深いベジタリアン向け食品の世界

先述の通り、このナゲットを開発したのは、グリーンカルチャー株式会社。創業は8年前で、多くのベジタリアン向け食品の製造や輸入、販売を行っています。

ホームページを見ると食欲がそそられます。大豆ミートはよく聞きますが、餃子やから揚げ、ピザもありました。植物性チーズ、植物性ラーメンなんてものも。

株式会社グリーンカルチャー引用元:株式会社グリーンカルチャー ホームページ

ベジタリアン向け食品も奥が深いですね!

動物性食品に比べて、油が少ないという特長もあるので、ダイエットにもいいかもしれませんね。

通販サイトも運営しているようなので、気になった方は一度見てみてください。

まとめ

植物性食品は、案外気軽に手に入れられるようですね。

今回は大豆でできたお肉の紹介でしたが、お肉に限らず、「〇〇は食べられない」という人はたくさんいます。もちろん、アレルギーを持つ人もいます。

ちょっと脱線しますが、たとえば「ベジタリアン」と呼ばれる人にも「卵や乳製品を食べる」という人もいれば、「植物性食品しか食べない」という人もいます。

より多くの人に食事を楽しんでもらいたいという方は、まず、下記のようなサイトを参考に、どういった食の事情があるか知ることが大事かもしれません。

上記を踏まえて、すべての方に対応したメニューでもてなせたら最高ですが、対応するまでには、時間も労力もかかります。

まずは、注文をする前に「自分が食べてはいけないもの」に気付いてもらう工夫をしたいですね。たとえば、ピクトグラムを活用したメニューブックなんていかがでしょうか。

以前紹介した「EAT TOKYO – 多言語メニュー作成支援ウェブサイト」でも、無料のピクトグラムの配布などを行っています。

弊社ではオリジナルのピクトグラムを作成することや、メニューを多言語化することも承っています。どうぞ気軽にご相談ください!

参考:「植物性とか信じられない…」日本初・埼玉県のベンチャー企業が植物からプラントベース・チキンナゲットを開発

インバウンドらぼ 編集メンバー J.M