訪日外国人客の多くが日本滞在中にしてみたいことの一つ、それは「日本食を食べること」です。

2017年の訪日外国人消費動向調査では、「日本食を食べること」について【訪日前に期待していたこと(複数回答)】では7割近く、【今回したことと次回したいこと】では9割以上(次回したいことは6割近く)というアンケート結果が出ています。

引用)訪日外国人の消費動向 平成 29 年 年次報告書(PDF)

これだけ訪日外国人客の興味があるとなると、飲食店としても受け入れる態勢を考えていく必要があるのではないでしょうか。
しかし、急に外国人の集客や外国語を使った接客などと言われても、難しいと思います。

そこで今回は、インバウンド対策を考えている飲食店の方々に、便利なツールをご紹介したいと思います。

日本美食 <集客から接客、決済まで行える>

「日本美食」

日本美食株式会社が提供する、訪日外国人客を対象とした、飲食店への集客から接客、決済までを行うツールです。

日本の飲食店を紹介する4言語※対応メディアで集客支援 

初期費用0円で、店舗紹介ページを多言語で制作してもらえます。
完成したページは、お店探しから予約・決済までできるスマートフォンアプリ「日本美食」に掲載されます。
 ※日本語、英語、中国語(繁体字、簡体字)の4言語対応です。

接客支援 

多言語で制作されたお店紹介ページにはメニュー掲載も含まれるので、店舗で多言語メニューとしても利用できます。それによって料理の説明などを多言語で説明する課題を解消してくれます。

事前決済予約機能 

コース代金を事前決済することで、 ドタキャン、No showを防止します。

店頭でのスマホ決済機能

世界的に普及が進んでいるQRコード決済機能を搭載。
アリペイやGoogle Payなど、14決済ブランドに対応しています。
QRコードを印刷してお店に設置するだけなので、お店側も導入が楽です。

導入の流れ

STEP1 申し込み
STEP2 ヒアリング
STEP3 アプリ掲載
<完成>

費用

初期費用や月額費用はかかりません。
決済手数料3%のみかかります。
詳しくは下記サイトをご確認ください。

【お問い合わせ先】
日本美食株式会社(https://www.japanfoodie.jp/
東京都千代田区霞が関3−3−2 新霞ヶ関ビルディング 1801C号室
03-6550-8088

wavisavinavi(ワビサビナビ)
<メニューやお店の紹介、オーダーシートまで作れる>

「wavisavinavi」

株式会社イツザイが提供する、外国人接客ツールです。
メニュー、オーダーシート、お店の紹介といった情報を、お店の端末(スマホやタブレット)で
閲覧・利用することができます。

接客負荷を軽減できます

外国語を話せないスタッフが対応して訪日外国人にストレスを与えないよう、
訪日外国人ご自身で簡単にオーダーリストを作れます。

客単価の向上ができます 

訪日外国人が安心して注文することができるよう、
メニューには、写真や金額はもちろんのこと、料理の作り方やアレルギー表示を掲載できます。

マナー喚起できます

訪日外国人にマナーを喚起できるよう、
お店の礼儀や作法、お料理の食べ方などを掲載できます。

導入の流れ

契約完了後から接客ツールの完成まで、最短10営業日でできます。
STEP1 申し込み
STEP2 ヒアリングシート回答・メニュー画像送信
STEP3 取材・撮影
STEP4 日本語原稿確認・ネイティブ翻訳
STEP5 ツール上での確認
<完成>

初期費用と月額費用

メニュー数や言語数によって費用が異なるので、詳しくは下記サイトをご確認ください。

【お問い合わせ先】
株式会社イツザイ(http://wavisavinavi.jp/lp/
東京都新宿区早稲田町5番地早稲田ハイム203
電話:03-6205-6408

東京都 多言語メニュー作成ウェブサイト <無料でメニューが作れる>

「東京都 多言語メニュー作成ウェブサイト」

東京都が運営・管理している、飲食店メニューを無料で自主制作できるツールです。

無料で多言語メニューを作れます

飲食店が、訪日外国人客の集客や満足度をアップさせることの支援で、簡単に無料で多言語メニューを作ることができます。

言語は13種類※、料理を登録したり、レイアウトやデザインを選択したりするだけで、簡単に多言語メニューのデータを作成できます(印刷は各自負担)。

※日本語・英語・韓国語・中国語(簡体字・繁体字)・ドイツ語・フランス語・イタリア語・スペイン語・タイ語・インドネシア語・ベトナム語・アラビア語

メニューサンプル

宣伝も無料です 

作成したメニューを、東京都公式「外国語メニューのある飲食店検索サイト」に無料で掲載することができます。
掲載することで、さらに東京都が管理する観光案内用のデジタルサイネージや、ウェブサイト(GO TOKYO、東京都の公式無料Wi-Fiサービスサイト)にも無料で掲載されます。

その他お役立ちツールも豊富です

宗教戒律上やアレルギーなどで食べられない食材のある方向けの「食品ピクトグラム」や、接客時のコミュニケーションシート、トイレガイドも無料で利用できます。

「作成ガイド」や、ヘルプデスクもあるので、簡単に始められるのではないでしょうか。

【ヘルプデスク(お問い合わせ先)】
運営・管理:東京都 EAT東京 多言語メニュー作成支援ウェブサイト
電話:050-5865-1313
平日 11:00 ~ 18:00(土日祝、年末年始除く)

まとめ

いかがでしたか?

増え続ける訪日外国人客とともに、こういった便利なサービスが増えています。
自店にあったサービスを検討し、効率良くインバウンド対策が行えると良いですね。

当社では、販促ツールのオリジナル企画や制作、多言語展開を承っておりますので、お気軽にご相談ください。
私たちはインバウンド対策を行う方々を応援しています!

こちらの記事も是非ご覧ください。
飲食店のインバウンド対策でお困りの方に朗報!「ぐるなびインバウンド大作戦」2018年6月中旬からサービス開始

インバウンドらぼ 編集メンバー N.O