購買ビッグデータ分析の株式会社True Data(トゥルーデータ/本社:東京都港区)は、全国ドラッグストアのPOSデータによるインバウンド消費動向調査を毎月発表しています。
今日はそのデータから、2018年上半期(1~6月)のインバウンド消費売上げランキングを紹介します。

2018年1月

順位 カテゴリー 商品
1位 リップクリーム <DHC> DHC 薬用リップクリーム
2位 目薬 <参天製薬> サンテFX ネオ
3位 洗顔料 <資生堂> 専科 パーフェクトホイップn
4位 鎮咳去たん薬 <龍角散> 龍角散ダイレクト スティック ピーチ
5位 外用鎮痛・消炎薬 <ニチバン> ロイヒつぼ膏 RT156

2018月1月のインバウンド消費購買件数は、1店舗あたり1,530件で、2017年1月(1,051件)と比べ45.5%増と大幅に増加していました。

2018年2月

順位 カテゴリー 商品
1位 リップクリーム <DHC> DHC 薬用リップクリーム
2位 目薬 <参天製薬> サンテFX ネオ
3位 鎮咳去たん薬 <龍角散> 龍角散ダイレクト スティック ピーチ
4位 外用鎮痛・消炎薬 <ニチバン> ロイヒつぼ膏 RT156
5位 お菓子 <UHA味覚糖> コロロ グレープ

2018月2月のインバウンド消費購買件数は、1店舗あたり1,377件で、2017年2月(1,096件)と比べ25.6%増でした。
3位にランクインしている「龍角散ダイレクト スティック ピーチ」ですが、同じ種類の「ミント」も7位にランクインしています。インバウンド消費では、常に「ピーチ」が上位です。一方、国内消費では「ピーチ」より「ミント」の方が売れています。
同様に、25位にランクインしているリップクリーム「ニベア フレーバーリップ デリシャスドロップ ピーチの香り」も、国内では無香料の方が売れています。
桃の生産量が世界一の中国では、桃は「不老長寿」の象徴として様々な言い伝えがあり、縁起の良い果物とされています。このような文化も売れ筋商品に影響しているのかも知れません。

2018年3月

順位 カテゴリー 商品
1位 UVケア <資生堂> アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク
2位 目薬 <参天製薬> サンテFX ネオ
3位 UVケア <花王> ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス
4位 リップクリーム <DHC> DHC 薬用リップクリーム
5位 お菓子 <不二家> アンパンマン ペロペロチョコ

2018月3月のインバウンド消費購買件数は、1店舗あたり1,845件で、2017年3月(1,062件)と比べ73.8%増と大きく伸長しました。
UVケア商品が2つもランクインしていました。1位の「アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク」は、機能性も勿論ですが、パッケージの金色が中国でラッキーカラーとされている点も人気の要因と考えられます。

2018年4月

順位 カテゴリー 商品
1位 目薬 <参天製薬> サンテFX ネオ
2位 リップクリーム <DHC> DHC 薬用リップクリーム
3位 UVケア <花王> ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス
4位 お菓子 <不二家> アンパンマン ペロペロチョコ
5位 洗顔料 <資生堂> 専科 パーフェクトホイップn

2018年4月のインバウンド消費購買件数は、1店舗あたり1,928件で、2017年4月(1,253件)と比べ約54%増でした。

2018年5月

順位 カテゴリー 商品
1位 目薬 <参天製薬> サンテFX ネオ
2位 虫除け剤 <アサヒグループ食品> 虫きちゃダメ
3位 リップクリーム <DHC> DHC 薬用リップクリーム
4位 お菓子 <不二家> アンパンマン ペロペロチョコ
5位 洗顔料 <資生堂> 専科 パーフェクトホイップn

2018年5月のインバウンド消費購買件数は、1店舗あたり1,889件で、2017年5月(1,183件)と比べ59.7%増と大きく伸長しました。
2位の「虫きちゃダメ」は子供向けの虫除けシールです。この他、虫さされ用薬2製品もベスト10にランクインしているので、虫対策の需要が高まっていたようです。

2018年6月

順位 カテゴリー 商品
1位 目薬 <参天製薬> サンテFX ネオ
2位 リップクリーム <DHC> DHC 薬用リップクリーム
3位 UVケア <資生堂> アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク
4位 お菓子 <不二家> アンパンマン ペロペロチョコ
5位 洗顔料 <資生堂> 専科 パーフェクトホイップn

2018年6月のインバウンド消費購買件数は、1店舗あたり1,761件で、2017年6月(1,436件)と比べ22.6%増でした。

まとめ

いかがでしたか?
目薬やお菓子などのカテゴリは、国内消費とインバウンド消費で最も売れる商品が異なっています。一方、洗顔料やリップクリームなどの化粧品は国内消費とインバウンド消費でランキング1位が一致しており、「日本で売れているもの」を訪日外国人が求める傾向にあるようです。

訪日外国人の消費行動について気になる方は、こちらの記事もどうぞ。

2017年訪日外国人客の消費額ランキング発表~最多はお菓子代。

出展:株式会社True Data プレスリリース

インバウンドらぼ 編集メンバー A.F