私は、コラボ食品と聞くと、つい試したくなってしまいます。
先日も「岩下食品」×「パイン」のコラボ商品「岩下の新生姜パインアメ味」を食べました。お味は…おかずというよりは、おやつ感覚ですね(笑

次は、地域限定ですが「カルピス」×「八丁味噌」の発酵食品コラボが気になっています。ちらも怖いもの見たさというか、老舗コラボということで期待に胸が膨らみます。

この新鮮さがコラボ企画の魅力であり楽しいところで、食品だけでなく、音楽やファッション、カフェや交通機関まで、さまざまなものが展開されています。

そこで今回は、訪日外国人に向けたコラボ企画をご紹介します。

「おみそ汁」×「ハローキティ」=お土産

味噌製造最大手のマルコメが、海外でも人気のハローキティとコラボし、訪日外国人客向けのお土産商品として「ハローキティのおみそ汁」を発売しました(2018年6月)。

おみそ汁は外国人から人気で、お土産に買っていく人も多いそうです。実際に、マルコメが中国、韓国、台湾、アメリカの訪日経験者400名を対象に調査したところ、訪日外国人旅行客の約3割がお土産にみそ汁を購入したと答えたそうです。
海外でも手軽に食べられるよう、フリーズドライのおみそ汁になっています。

ハローキティのおみそ汁

参照)マルコメ ニュースリリース「インバウンド向け商品でマルコメがハローキティと初のコラボレーション」

「荷物一時預かりサービス」×「民泊」=荷物の民泊

「荷物を預けたい人」と「荷物を預かるスペースを持つお店」をつなぐシェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」(ecbo株式会社)が、民泊のクラウド運営ツール「民泊ダッシュボード」(メトロエンジン株式会社)とコラボしたことで、民泊物件周辺のecbo cloak店舗を紹介することができるようになりました。

仕組みは次のようになっています。
■民泊オーナー:ボタン一つで民泊物件周辺のecbo cloak店舗を紹介できる。
Step1 民泊ダッシュボードのメトロチャット機能のテンプレートから「ecboの荷物預かり」を選択する。
Step2 URLをゲストへ送信する。

■民泊利用者:民泊施設チェックイン前/チェックアウト後に荷物を預けておける。
Step1 民泊ダッシュボードで預け場所を探す。
Step2 民泊ダッシュボードで預け場所を予約する。
Step3 店舗で荷物を預ける。
Step4 店舗で荷物を引き取る。

これにより観光時の荷物移動やコインロッカー探しの手間が軽減できたり、ホストとゲストの荷物預かり問題の解消やゲスト対応の手間が大きく削減できたりします。

メトロエンジン×ecbo cloak

参照)ecbo cloak
参照)メトロチャット
参照)PR TIMES

Ecbo cloakについては、インバウンドらぼでも過去に紹介させていただいています。気になった方は、こちらの記事もどうぞ

“コインロッカー難民”とはお別れ!荷物預かりサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」のご紹介

まとめ

いかがでしたか?
もともと国内でも人気が高く、ご当地コラボなどもしている「ハローキティ」は、海外でもとても人気があります。
その人気を生かして、訪日外国人向けの商品として、ローソンのお弁当やブルボンのチョコなどともコラボするなど、新たな魅力を創出しています。

国内企業の強みを生かしたコラボレーションは、訪日外国人の心をつかむ強力な手段の一つですね。

インバウンドらぼ 編集メンバー N.O