海外から日本へ訪れる主な交通手段といえば航空です。ビザの緩和や航空便の増加といったインバウンド対策にも力が入っています。
ところで、航空以外の交通手段があることをご存知でしょうか?それは航空機よりも一度に大勢の旅客を運べるクルーズ船です。

2018年1月の国土交通省の発表によると、2017年度のクルーズ船寄港回数は、過去最高を記録したとのことです。

“2017年(1月~12月)の訪日クルーズ旅客数は前年比27.2%増の253.3万人、クルーズ船の寄港回数は前年比37.1%増の2,765回となり、いずれも過去最高を記録しました。”

引用:国土交通省 2017年の訪日クルーズ旅客数とクルーズ船の寄港回数(速報値)
http://www.mlit.go.jp/report/press/port04_hh_000189.html

今回は、インバウンドの場での事例も見ながら、「チャットボット」について勉強をしていこうと思います。

2017年度のクルーズ船寄港回数

航空と同じくビザやパスポートが必要なクルーズ船ですが、一度に多くの旅客が訪れることで経済効果をもたらすとされています。また、地方にある港へ訪れる事が多く、地方創生に大きく寄与するとされています。

訪日クルーズ旅客数
253.3 万人(前年比27.2%増)

  • クルーズ船の寄港回数 2,765 回 (外国船社 2,014 回、日本船社 751 回)
    第1位:博多港 326 回
    第2位:長崎港 267 回
    第3位:那覇港 224 回
  • 外国船社が運航するクルーズ船
    第1位:博多港 309 回
    第2位:長崎港 262 回
    第3位:那覇港 217 回
  • 日本船社が運航するクルーズ船
    第1位:横浜港 121 回
    第2位:神戸港 73 回
    第3位:名古屋港 30 回

参照:国土交通省
http://www.mlit.go.jp/common/001222310.pdf

まとめ

いかがでしたでしょうか?
2016年3月に発表された「明日の日本を支える観光ビジョン」では、「訪日クルーズ旅客を 2020 年に 500 万人」を目標に掲げています。

国土交通省では、外国のクルーズ船社から我が国への寄港に関する様々な問い合わせに一元的に対応する窓口(クルーズの振興のためのワンストップ窓口)を設けるなど、外航クルーズ船の寄港促進に向けた取り組みに力を入れています。

博多港などは大型クルーズ船の受入れが上限に達しているため、さらなるクルーズ船受入れのために埋め立てを含めた中央埠頭整備計画を進めています。
空港だけでなく、港の発展にも期待ができそうですね。

参照:国土交通省
http://guide.mwt.co.jp/cruise/howto/basic/?howto=list

インバウンドらぼ 編集メンバー N.O