毎年恒例の日経トレンディ「2018年ヒット予測ベスト20」が昨年末に発表されました。
そこで12位に気になるキーワードを見つけました。

「みんバケ(民泊バケーション)」

まだまだ日本では「民泊」というと、アプリを使って個人宅に宿泊するという漠然としたイメージでしか認識されていないように感じます。
実は、「民泊」には2つのタイプがあるようです。
自宅の一部を開放し、旅行者とのコミュニケーションを図ることを重視したホームステイタイプと、別荘や投資目的で購入あるいは借り上げたマンション・一軒家を旅行者に貸し出すバケーションレンタルタイプの2つです。

2018年6月の民泊新法の施行にともない民泊が合法化されますが、1年間の営業を180日以内にするという日数制約があります。
しかし、「使わない期間は少しでも収益化したい」というニーズから、別荘オーナーの本格参入が予測されるそうです。

そこで、まずはバケーションレンタルという言葉について詳しく調べてみました。

バケーションレンタルとは

欧米で一般的に、Vacation RentalsやHoliday Homesなどと呼ばれる、貸別荘のことでです。

オーナー側のメリットとしては、
一時期しか使わない別荘やセカンドホームを自分が使わない期間に宿泊施設として貸し出すことによって家賃収入を得ることができます。

借り手側のメリットとしては、
豪華な一戸建てやコンドミニアムに安価に宿泊でき、1軒当たりの料金になるので大家族などで利用すれば一人当たりの料金はお得になります。
また、通常の家と同じ設備が整っているので、広々としていて自由度が高く、キッチンで料理をしたり、庭でバーベキューをしたりすることもできます。 オーシャンビューやプール付きの物件もあり、インスタ映えするメリットもあります。
デメリットとしては、
ホテルのように常にコンシェルジュがいるわけではないので、基本的に何かあったら自力で解決しなければなりません。

取引の形態は様々で、個人オーナーから直接借りる(C to C型)ホームステイやファームステイから、不動産企業など法人が実施する大規模なレンタル事業(B to C型)まであります。Airbnbなどのマッチングサービスが出てきて個人間取引のハードルが下がった感じです。

また、「バケーションレンタル」には不動産投資の一面もあります。
土地の価値が上がりそうなリゾート地などは、投資目的で購入された家が多く、その家の値上がりを待つ間に、バケーションレンタルとして人に貸し、利益を得るオーナーが多いのです。 アメリカなどでは自分の家族構成の変化に応じて何度も家を換えます。結婚して子供ができて、家族構成が変わるたびに、人々は今住んでいる家を売っては新しい家を購入します。 このような行動の背景には、アメリカでは不動産価格が毎年緩やかに上昇するという社会の仕組みがあり、日本に比べて不動産の売買が盛んに行われています。その一環としてバケーションレンタルの文化が根付いているようです。

バケーションレンタルEXPOで情報収集

「バケーションレンタル」について、もっと詳しく知りたい。日本で「民泊」ビジネスに関わってみたいという方にお勧めのイベントがあります。 「バケーションレンタルEXPO」は世界中の民泊プラットフォームが集まる国内唯一の祭典です。

新しい事業分野であるため、情報量が圧倒的に少なく、個別セミナーでは入ってくる情報も偏りがち。
一方、出展者として新たな営業手段は限られており、数千人に一度にリーチできるEXPOの需要が高まっています。

次回開催は2018年5月25日、26日

会場は新宿NSビル(東京)、入場は無料です。
規模は企業ブースが50~60社で来客数は3000~4000人が予測されます。

詳細はこちら>

まだ少し先の日程になりますが、私もぜひ参加して情報収集したいと思います。

まとめ

住宅宿泊事業法案(民泊新法)が通常国会で可決され、2018年6月に施行されることが決定されました。今年は様々な動きが出てくることが予想されますので、まずは情報収集を怠らないようにしたいですね。
「バケーションレンタル」という欧米の文化が日本でも根付くのか、「みんバケ」が2018年の流行語になるのか?引き続き注目したいです。

インバウンドらぼ 編集メンバー Y.N