不動産情報サイト「SUUMO」を運営する株式会社リクルート住まいカンパニーが、Airbnbと業務提携し、住宅宿泊関連事業に参入することを発表しました。

リクルート住まいカンパニーに賃貸物件の情報を提供すると、従来通りSUUMO上での入居者募集に加え、物件の空室時には住宅宿泊運営の提案が行われます。住宅宿泊運営の際は、提携契約を結んでいる住宅宿泊運営代行会社を通し、Airbnbなどのホームシェアリングプラットフォームを通じて、全世界から利用者の集客を行うことが可能になります。

また、住宅宿泊運営をする場合は、通常のAirbnbサイトでの集客のみでなく、特別サイトを通じた集客施策も展開される予定です。

※参考にした元記事は下記です。
Airbnbと業務提携で、住宅宿泊関連事業に参入  賃貸管理会社に、空き部屋を活用した住宅宿泊運営の支援開始

訪日外国人客増加による宿泊施設への需要増加を満たすために、官民問わず動きが活発になっています。今年の6月には「民泊」の参入障壁を引き下げる「住宅宿泊事業法」も施行されますね。本件は、「SUUMO」という日本人にも馴染み深い住宅情報サービスを手掛ける「リクルート住まいカンパニー」と、世界中で実績のある「Airbnb」、両者それぞれの知名度の高さならびにサービス規模の大きさからも、注目を浴びることは間違いないでしょう。

こうした大手サービスが、個人の住宅宿泊運営の障壁を下げることで、「民泊」周りのサービスはより脚光を浴びていくことが想像できます。今後もどのようなサービスや施策が展開されていくのか注目していきたいと思います。

インバウンドらぼ 編集メンバー J.M