当メディアの「【観光庁】宿泊産業の生産性向上事例集を提供」という記事で紹介しましたが、
政府は増加する訪日外国人に宿泊業全体として対応するべく、また長時間労働などの社会問題に対応すべく、様々な対策を行っています。

2017年12月20日の観光庁の発表によりますと、
宿泊業の生産性向上を目的とした「宿泊業の生産性向上推進事業」が実施されます。2018年1月17日(水)より全国5ヶ所(香川県、福岡県、岩手県、長野県、滋賀県)でワークショップが開催されるようです。

ワークショップの概要や申し込み方法は下記をご覧ください。

宿泊業の生産性向上に向けたワークショップを全国5ヶ所で開催いたします!

旅館やホテルなどの宿泊業で訪日外国人対策や業務効率化でお困りの方は是非、検討してみはいかがでしょうか。

インバウンドらぼ 編集メンバー Y.N