インバウンド事業を強化したいけど訪日外国人客にとっての魅力や不便さがどんなことだか分からない。
訪日外国人客の受け入れ態勢を強化するためにいろいろな環境整備をしてみたけれど本当にこれで良いのか知りたい。
そんな地方自治体の担当者に向けたサービスの販売が始まります。

株式会社Voyagin(ボヤジン)は2017年11月7日、訪日外国人客がモニタリングツアーを行うサービス販売の募集を開始しました。

訪日外国人客モニタリングツアーの概要

<サービス概要>

1.Voyaginにて訪日外国人客を対象にツアー参加者を募ります。
2.ツアー参加者には実際に現地の交通手段や体験を体感してもらいます。
3.「訪日外国人客目線」で各地方自治体が抱える「受け入れ体制の課題」を抽出します。
4.モニタリングツアーはVoyaginの専門スタッフとカメラマンの2名が帯同し、ツアー終了後にレポートと動画を納品します。

<特徴>

 最大の特徴は、Voyaginにて訪日外国人客を対象にツアー参加者を募ることにより、実際の旅行者が旅行の一環として視察する点です。これにより、日本在住の外国人によるモニタリングツアーよりもリアルな課題の発見が可能になります。
 また、専門スタッフが同行して旅行の様子を動画撮影するので、言葉の壁や習慣の違いなどの困難に直面している場面を映像で見て追体験することができます。

<過去の実績>

新潟県
福島県 二本松市
岩手県 花巻市
岐阜県 下呂市
青森県 十和田市

“<Voyaginについて>
Voyagin( https://www.govoyagin.com )は、訪日旅行者向けに多種多様な日本の旅行体験(ツアー、チケット、レストラン)を販売しているサイトです。高級鮨店の予約、土俵近くの席での相撲観戦、一見さんお断りの京都のお茶屋の予約など外国人が予約困難なハイエンドな体験を販売すると共に、日本全国3,500を超える多様な体験・ツアーを提供しています。また、オンラインサービスで培ってきた訪日外国人向けの集客力、顧客データ、体験商品の造成能力、販売システム等をB2B(民間企業・地方自治体)向けに提供し、インバウンド対策・プロモーション事業も展開しております。訪日旅行者に最高の旅行体験を提供し、事業を通して異文化を身近にすることを目指しております。
引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000022280.html

参照:【DMO、地方自治体向け】Voyagin、旅行者が本音でインバウンド受け入れ環境をダメ出しするモニタリングツアーを提供開始!

まとめ

現地ガイドの説明を受けながら田園をサイクリングする岐阜県の飛騨里山サイクリングが、トリップアドバイザーで高い評価を受けているように、地元の人にとっては当たり前な風景や文化が訪日外国人客にとっては魅力的なものになります。
 日本に不慣れな訪日外国人客が感じる魅力と不便さの両方を把握できれば、新たな観光資源や改善点を発見することができるでしょう。
現状を把握する第一歩としてサービスを利用してみるのも良いのではないでしょうか。

参照:【DMO、地方自治体向け】Voyagin、旅行者が本音でインバウンド受け入れ環境をダメ出しするモニタリングツアーを提供開始!

インバウンドらぼ 編集メンバー M.H