日本政府観光局(JNTO)から9月、10月のインバウンド統計(訪日外国人客数)が発表されたので、見ていきましょう。

9月として過去最高の228万人!

2017年9月の訪日外国人客数は、2,280,100人。
前年の9月(1,918,246人)より18.9%増えました。

これで1~9月までの訪日外国人客数は、合計で2、119万6,400人となり、9月時点で2,000万人を突破しました(21,296,400人)。
2016年は10月で2,000万人突破だったので一ヵ月早いペースです。

地域別に見てみると、中国、韓国、香港の訪日外国人客数が昨年と比較して著しく増加しています。一番増加した中国においては15万人以上も増えています。

2017年9月 訪日外国人客数 (JNTO推計値)

出典: 日本政府観光局(JNTO)

10月も東アジアを中心に、順調な伸び

2017年10月の訪日外国人客数は、2,595,200人。
前年10月は2,135,904人でしたので、21.5%増えました。

10月も中国、韓国、台湾、香港といった東アジアの訪日外国人客数の増加が目立ちます。
カナダとドイツ以外はすべて増加傾向です。とくにロシアの伸び率が目立ちますが、2017年8月から開始されたロシア向けのビザ緩和が影響したのでしょうか。

2017年10月 訪日外国人客数 (JNTO推計値)

出典: 日本政府観光局(JNTO)

まとめ

9、10月も過去最高のペースで増加し、今年は9月の時点で訪日外国人客数が2,000万人を突破しました。

2014年 1,341 万 3 千人
2015年 1,973 万 7 千人
2016年 2,403 万 9 千人
2017年 2,379 万 1 千人 ※10月時点

この調子でいけば来年は3,000万人を突破する勢いですね。
「2020年に訪日外国人観光客4,000万人」を掲げている国のインバウンド対策ですが、着実に近づいてきているのではないでしょうか。
残り2ヵ月の結果が楽しみです。

インバウンドらぼ 編集メンバー N.O