現在、日本における訪日外国人旅行客の7割はアジア圏の人々ですが、日本政府はアジア圏の今後の更なる発展また欧米化を見据えて、まずは欧州豪の富裕層を満足させる体制をつくるべきという方針を打ち出しています。
そこで、富裕層の旅行動向の全体像をつかむために、世界各地への富裕層旅行を手掛ける国際旅行代理店ネットワークである「Virtuoso」がまとめた「2017 Luxe Report」を見てみたいと思います。

レポートの概要

このレポートは南北アメリカ、アジア太平洋地域、カリブ海地域、欧州、アフリカ、中東の各国・地域で富裕層向けのプランを提供する390社の旅行アドバイザー、772人を対象に情報収集し、作成したものです。

レポートのまとめとして、富裕層の旅行者には、

  • 「人が集まりすぎるメジャーな観光地は好まない」
  • 「存続が危惧されるような目的地での冒険を求めている」
  • 「カスタマイズされた現地体験を求めている」

といった3つの傾向があるようです。

富裕層向け旅行のカテゴリ別ランキング

○世界の旅行先 トップ5

  1. イタリア
  2. 南アフリカ
  3. フランス
  4. アイスランド
  5. オーストラリア

○人気急上昇中の旅行先 トップ5

  1. キューバ
  2. アイスランド
  3. クロアチア
  4. 南アフリカ
  5. 日本

○今のうちに行きたい旅行先 トップ5(存続の危機にさらされている/変化が著しい場所)

  1. キューバ
  2. 南極
  3. グレートバリアリーフ
  4. ベネチア
  5. 北極

○アメリカ国内旅行先 トップ5

  1. ニューヨーク、ニューヨーク
  2. マウイ島、ハワイ州
  3. ナパバレー/ソノマ、カリフォルニア州
  4. ラスベガス、ネバダ州
  5. マイアミ/サウスビーチ、フロリダ州

○家族旅行の行先 トップ5

  1. イタリア
  2. メキシコ
  3. ハワイ
  4. フロリダ州オーランド
  5. イングランド

○ハネムーン旅行の行先 トップ5

  1. イタリア
  2. マウイ島、ハワイ州
  3. フランス領ポリネシア
  4. モルディブ
  5. メキシコ

○クルーズ旅行の行先 トップ5

  1. 地中海
  2. アラスカ
  3. ヨーロッパの川
  4. カリブ海
  5. ギリシャ諸島

○冒険旅行の行先 トップ5

  1. 南アフリカ
  2. ガラパゴス諸島
  3. コスタリカ
  4. ニュージーランド
  5. ペルー/アイスランド

○旅行トレンド トップ5

  1. 複数世代の旅行
  2. アクティブな旅行や冒険旅行
  3. リバークルージング
  4. 家族と一緒に旅行する
  5. 記念旅行

○旅行の動機 トップ5

  1. 新しい目的地の探索
  2. 本物の経験を求める
  3. 休息とリラクゼーション
  4. 個人の豊かさ
  5. 探求のための冒険

参照: 2017 VIRTUOSO® LUXE REPORT

まとめ

ランキングを見てみると、家族や複数の世代で旅をしたいとの希望が多く、「これまで訪れたことがない国に家族で行ってみたい」という人たちには日本の人気が高いのだと予想されます。その結果として「人気急上昇中の旅行先 トップ5」に日本がランクインしたのだと思います。 観光庁は様々な富裕層向けのプロモーションを打っていくようなので、ゆくゆくは「世界の旅行先 トップ5」に日本がランクインできるかもしれません。
インバウンドらぼでは富裕層向けの取り組みについて、今後も追いかけていきたいと思います。

インバウンドらぼ 編集メンバー Y.N