株式会社RJCリサーチと株式会社ナイトレイは、2社共同で「インバウンドレポート2016」(2016年1月~12月)を発行しました。

このレポートは、ナイトレイが提供する訪日外国人のSNS解析ツール「inbound insight(インバウンドインサイト)」により解析したデータを基に、RJCリサーチが訪日外国人の口コミ発信地点情報を中心に集計・分析を行うことにより、訪日観光の動向を探ることを目的としたものです。

今回は2016年の年間レポート(2016年1月~12月)として、訪日外国人観光客が微博(ウェイボー:中国最大のSNS)やTwitter等で日本国内滞在中に発信した投稿のうち、約92万件のSNS解析結果データを集計対象し、投稿の発信地点となった全国の観光スポットを総合ランキングおよび5つの部門別ランキングにまとめ、分析を行いました。

総合ランキング

1位:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
2位:東京ディズニーランド
3位:富士山

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、東京ディズニーランドの両施設とも季節変動が小さくオールシーズン型であることと、思わずSNS投稿したくなるような多様な感動を提供していることが年間総量を押し上げたと考えられます。

トップ100の約半数は東京都内のスポットでした。
1~50位の中では歴史的建造物やランドマークを見ることを主に楽しむ<見物スポット>(16地点)が、51~100位の中では商業施設やショッピングモールで商品を買うことを主に楽しむ<ショッピングスポット>(16地点)が最も多くランクインしました。

年間を通して<見物スポット>での投稿が多くなっています。
自然公園や緑地・水辺など景勝で「憩う」ことを主に楽しむ<自然スポット>では“花見・緑・紅葉”の季節がピークでした。


引用元: 「インバウンドレポート 2016」(RJCリサーチ/ナイトレイ)

部門別ランキング

1. 見物スポット部門

※歴史的建造物やランドマークなどを「見る」ことを主に楽しむ観光スポット

1位:東京タワー(東京都港区)
2位:大阪城(大阪府大阪市中央区)
3位:浅草寺(東京都台東区)
4位:東京スカイツリー(東京都墨田区)
5位:伏見稲荷大社(京都府京都市伏見区)

引用元: 「インバウンドレポート 2016」(RJCリサーチ/ナイトレイ)

2. プレイスポット部門 

※観覧・体験型施設で「遊ぶ」ことを主に楽しむ観光スポット

1位:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪府大阪市此花区)
2位:東京ディズニーランド(千葉県浦安市)
3位:東京ディズニーシー(千葉県浦安市)
4位:東京ドーム(東京都文京区)
5位:幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)


引用元: 「インバウンドレポート 2016」(RJCリサーチ/ナイトレイ)

3. 自然スポット部門 

※自然公園や緑地・水辺など景勝で「憩う」ことを主に楽しむ観光スポット

1位:富士山(山梨県鳴沢村ほか)
2位:上野公園(東京都台東区)
3位:江の島(神奈川県藤沢市)
4位:代々木公園(東京都渋谷区)
5位:新宿御苑(東京都新宿区)


引用元: 「インバウンドレポート 2016」(RJCリサーチ/ナイトレイ)

4. グルメスポット部門

※飲食メニューや生鮮品などを「食べる」ことを主に楽しむ観光スポット

1位:築地市場(東京都中央区)
2位:かに道楽(大阪府大阪市中央区ほか)
3位:一蘭(大阪府大阪市中央区ほか)
4位:横浜中華街(神奈川県横浜市中区)
5位:黒門市場(大阪府大阪市中央区)

引用元: 「インバウンドレポート 2016」(RJCリサーチ/ナイトレイ)

5. ショッピングスポット部門

※商業施設やストリートで商品を「買う」ことを主に楽しむ観光スポット

1位:六本木ヒルズ(東京都港区)
2位:ダイバーシティ東京プラザ(東京都江東区)
3位:サンシャインシティ(東京都豊島区)
4位:渋谷センター街(東京都渋谷区)
5位:心斎橋筋(大阪府大阪市中央区)

引用元: 「インバウンドレポート 2016」(RJCリサーチ/ナイトレイ)

まとめ

いかがでしたか。
予想通りのものから、そうでないものまで、様々ではないでしょうか。
個人的にはグルメスポット部門で2位の「かに道楽」と3位の「一蘭」が意外に感じました。
この調査のようにSNSの分析も、訪日外国人客のリアルな声を調べるには最適なツールではないでしょうか。
是非皆様も利用してみてください。

インバウンドらぼ 編集メンバー A.F