はじめに

全国の都道府県や市区町村の魅力度をランキングする「地域ブランド調査2016」では、茨城県がワースト1位となりました。茨城県は2013年から4年連続で最下位をとり続けており、「のびしろ日本一。いばらき県」をキャッチコピーとして、最下位を脱却しようとさまざまな取り組みを行っています。

そんな「地域ブランド調査」では最下位常連の茨城県ですが、トリップアドバイザーが発表した『外国人からの関心が高まった都道府県トップ10』(2016年6月発表)では、なんと堂々の第2位にランクインしているのです!

国際観光推進室を設置

茨城県は、2010年に国際観光推進室を設置し、茨城県の魅力や観光情報などをを国内外に発信しています。

主な業務内容は以下です。

  • 外国人観光客誘客促進に関すること
  • 海外における観光PR・商談会に関すること
  • 外国人観光客の統計及び各種アンケート調査等に関すること
  • 通訳案内士法に関すること
  • 「観光いばらき」外国語ホームページに関すること

多言語化された観光情報サイト

茨城県の公式観光サイト「観光いばらき」は、

  • 英語
  • 韓国語
  • 中国語(簡体・繁体)
  • ベトナム語
  • タイ語

に対応しています。
この観光いばらきは、観光・レジャー、食事、ショッピング、宿泊、イベント情報などを紹介しています。

訪日外国人に人気の観光スポット

1.ひたち海浜公園

ひたち海浜公園のネモフィラ畑は、アメリカのニュース専門放送局・CNNのウェブ特集で、『日本の最も美しい場所31選』のひとつに選ばれたことをきかっけに、海外の人に注目され、SNSなどで拡散されたことで知名度がアップしました。4月中旬~6月上旬に見頃を迎え、約400万本のネモフィラが咲き誇る光景はまさに絶景です!

住所:茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605−4
電話番号:029-265-9001
最寄り駅:勝田駅よりタクシーまたはバスで15~20分ほど

2.牛久大仏

牛久大仏(正式名称:牛久阿弥陀大佛)は、1992年に完成した、高さ120メートルを誇る世界最大の青銅製の大仏で、1995年にギネスブックに登録されています。大仏の中に入ることが可能で、85メートルの高さに展望窓があり、天気がよければスカイツリーや富士山までも望むことができます。

住所:茨城県牛久市久野町2083
電話番号:029-889-2931
最寄り駅:牛久駅よりバスで20~30分ほど

3.偕楽園

美しい森と千波湖を一望できる高台に位置する偕楽園は、金沢の兼六園、岡山の後楽園と並ぶ日本三名園のひとつで、梅の公園として知られています。1842年に造園し、約13ヘクタールの広い敷地に約3000本・100種類の梅があり、2月~3月に見頃を迎え、多くの観梅客でにぎわいます。

住所:茨城県水戸市常磐町1丁目
電話番号:029-244-5454
最寄り駅:水戸駅北口より偕楽園行きバスで約20分

まとめ

いかがでしたか。
茨城県は国内の魅力度ランキングでは最下位となっていますが、こうやって調べてみると素敵な場所がたくさんありますね。
外国人観光客に人気のスポットを探ることで、私たち日本人も気づいていなかった日本の魅力を再発見できるかもしれません。

 

インバウンドらぼ編集部 A.O