はじめに

観光庁が2017年7月19日に4~6月期の「訪日外国人 消費動向調査」(速報)を発表しました。
消費動向調査によると、2017年4~6月期の訪日外国人旅行消費額は1兆776億円で、前年同期と比べて13.0%増加しました。その結果、四半期連続で前年実績を上回り、四半期ベースでは過去最高を更新しました。
また、1月~6月の上半期の累計は、2兆456億円と推計され、2016年の上半期(1兆8,839億円)に比べ8.6%増加し、上半期の累計で初めて2兆円を突破しました。

国籍・地域別の訪日外国人旅行消費額と構成比

引用: 観光庁(プレスリリース資料)

国籍・地域別に訪日外国人旅行消費額をみると、中国が3,682億円(構成比34.2%)と最も大きく、次いで、台湾1,536億円(同14.3%)、韓国1,177億円(同10.9%)、香港852億円(同7.9%)、米国767億円(同7.1%)の順となり、これら上位5カ国・地域で全体の74.4%を占めています。

しかし、訪日外国人1人当たり旅行支出は14万9,248円で、前年同期(15万9,933円)に比べ6.7%の減少となりました。国籍・地域別にみると、英国が最も高く25万1000円で、イタリア23万3000円、中国22万5000と続いています。

引用: 観光庁(プレスリリース資料)

まとめ

いかがでしたか。
日本政府観光局(JNTO)が発表した1~6月期の訪日客数は、前年同期比17.4%増の1375万7300人でした。訪日外国人が増加したことにより、全体の旅行消費額も増加したと思われますが、1人あたりの旅行消費額は減少傾向にあるので、1人あたりの旅行消費額を増やしていくことが今後の課題といえるでしょう。

インバウンドらぼ編集部 A.O