楽しい海外旅行の最中に災害にあってしまったら・・・
考えただけでも恐ろしいですね。

自然災害の多い日本に来ている外国人は、殊更その思いが強いのではないでしょうか。

そんな訪日外国人のために観光庁はアプリを提供しています。
その名も「Safety tips」

「Safety tips」とは
 自然災害の多い日本において訪日外国人旅行者が安心して旅行できるよう、平成26年10月から観光庁が提供を開始した外国人旅行者向け災害時情報提供アプリ。対応言語は5言語(英語・中国語(簡体字/繁体字)・韓国語・日本語)で国内における緊急地震速報及び津波警報、気象特別警報、噴火速報をプッシュ型で通知できる他、周囲の状況に照らした避難行動を示した避難フローチャートや周りの人から情報を取るためのコミュニケーションカード、災害時に必要な情報を収集できるリンク集等を提供。

引用元:観光庁

このアプリが昨今多発している大規模な地震等もふまえ、外国人旅行者がさらに安心して日本国内を旅行できるようアプリの機能を大幅に向上したとのことで、私も実際に使ってみました。

追加された機能

■外国人受入可能な医療機関情報

日本政府観光局の発信する情報サイトに飛び、約900件の病院情報を提供します。
http://www.jnto.go.jp/emergency/jpn/mi_guide.html

safetytipsのキャプチャー

■熱中症情報

登録地点の熱中症の危険度(暑さ指数)を提供します。
熱中症危険情報が出された際の対応フローチャートもあります。

safetytipsのキャプチャー

■事前学習

「震度」「津波警報」「気象警報」「噴火警報」などについての解説とそれらが発令されたときの対応フローチャート、応急処置の仕方について、避難場所のピクトグラムについての情報がまとまっています。

SafetyTipsのキャプチャー

■避難所情報

アプリのインストール画面へと飛びます。
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.hinanjyo.guide&hl=ja

Safety Tipsのキャプチャー

■天気予報

登録地点での今日と明日の天気が表示されます。

■緊急連絡先情報

110番、119番、母国大使館のワンクリックダイヤルが表示されます。

■交通機関情報

乗換案内nextのページへ飛びます。

改善された機能

  • 言語選択機能の新設(既存のアプリは端末の言語設定に起因)
  • 地震発生時の震源地周辺の震度の表示
  • 災害発生場所と現在地の関係性の見える化
  • 対応フローチャートの充実
  • リンク先の充実

全体のデザインも、色調をシンプルなものへと変更し、イラストを多用することで、目に入りやすいデザインへと変わったようです。

まとめ

対応フローチャート – 「地震が発生」「津波警報が発令」「気象警報が発令」「熱中症注意情報が通知」されたときの対応の仕方をまとめたもの – は、イラストを用いてたり、その時の状況をボタンで選択することにより、次の行動を教えてくれたりと、日本人から見ても大変使い勝手の良さそうなものでした。
「避難所情報」はアプリのダウンロード画面だけが表示されるので、少し不親切な気がしますが、そこは今後の改善に期待します。

みなさんも是非一度ダウンロードしてみてはいかがでしょうか。
ダウンロードはこちらから。

Android:
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.rcsc.safetyTips.android

iPhone:
https://itunes.apple.com/jp/app/safety-tips/id858357174?mt=8

インバウンドらぼ 編集メンバー A.F