4年に1度の世界大会は、オリンピックやサッカーだけではありません。
2015年に世界中のスポーツメディアを騒がせ「世紀の番狂わせ」とまで謳われた、あのラグビーのワールドカップが、2019年にまた開催されるのです。そして今回の開催地は日本!

「1987年から7大会で1勝しかしたことのない日本代表が、同じく7大会で2度の優勝を誇る南アフリカ代表を破ったという伝説が生まれた」この一件で、それまで関心の無かった人もラグビーに興味を持った方は多いのではないでしょうか。今回はどんなドラマが待っているのか、今から楽しみですね!

そして世界から人が集まるイベントだけに、「インバウンド対策」においても注目したいところです。

「強いニッポン」で世界の人々をおもてなししよう

ラグビーワールドカップ2019日本大会は、4つの「大会ビジョン」を掲げています(詳しくはラグビーワールドカップ公式サイトをご覧ください)。その中の1つに、『「強いニッポン」で世界の人々をおもてなししよう』というビジョンがあります。

「強いニッポン」で世界の人々をおもてなししよう
世界中が注目し、たくさんの人々がニッポンを訪れるラグビーワールドカップ2019。
私たちに求められるのはすべてのプレーヤーとサポーターを、ゆるぎない万全な態勢で迎え入れること。震災を乗り越えた力強いニッポンの姿を、世界に力強く印象付けます。ナショナルプロジェクトとしてチーム、地域、企業、運営組織が一致団結することでニッポン全体を盛り上げ、人々を迎えます。

出典:2019 All For Japan Team ラグビーワールドカップ

「地域、企業、運営組織が一致団結することでニッポン全体を盛り上げ、人々を迎えます。」とありますが、実際に東京スタジアムの会場運営計画案や、交通アクセス対策など、オリンピック・パラリンピック準備局が中心となって、ラグビーワールドカップ2019組織委員会、各開催都市、地元などと連携しながら、開催準備を進めています。

この規模の大会になると、単なるラグビーの大会にとどまることなく、国として訪日外国人客のおもてなしをするプロジェクトになるのですね。

12ヵ所の開催都市と、6週間の会期

ラグビーワールドカップ2019は、北海道から九州まで全国12ヵ所の地方都市が会場となります。また、2019年9月~10月予定(2017年3月 現在)の約7週間に渡って開催されます。

  • 北海道 札幌市 札幌ドーム
  • 岩手県 釜石市 釜石鵜住居復興スタジアム
  • 埼玉県 熊谷市 熊谷ラグビー場
  • 東京都 調布市 東京スタジアム
  • 神奈川県 横浜市 横浜国際総合競技場
  • 静岡県 袋井市 小笠山総合運動公園エコパスタジアム
  • 愛知県 豊田市 豊田スタジアム
  • 大阪府 東大阪市 東大阪市花園ラグビー場
  • 兵庫県 神戸市 神戸市御崎公園球技場
  • 福岡県 福岡市 東平尾公園博多の森球技場
  • 大分県 大分市 大分スポーツ公園総合競技場
  • 熊本県 熊本市 熊本県民総合運動公園陸上競技場

選手やファンの長期滞在における生活や、全国に散らばる会場の移動など、経済的にも大きな動きを見せることが予想されます。経済効果予測は2,000億円以上と言われています。

20の出場国

また、出場国数は20カ国。チームや関係者はもちろんのこと、ファンやメディアも開催国に押し寄せます。前回のイングランド大会の観客数は、史上最多の247万4584人でした。

<出場予定国>

  • アイルランド
  • アルゼンチン
  • イタリア
  • イングランド
  • ウェールズ
  • オーストラリア
  • スコットランド
  • ジョージア
  • 日本
  • ニュージーランド
  • フランス
  • 南アフリカ共和国

残り枠8カ国(上記シードチーム国以外)

済的にも大きな動きを見せることが予想されます。経済効果予測は2,000億円以上と言われています。

まとめ

2020年の東京オリンピックに注目しがちですが、2019年にこのようなビッグイベントが控えていたのですね。とくに会場が決まっている地方都市は、素敵なおもてなしで訪日外国人の心をしっかりつかみ、リピーターとしてまた来ていただく大きなチャンスだと思います。インバウンド対策を始めるよいきっかけになるのではないでしょうか。

インバウンドらぼ 編集メンバー N.O