2016年に過去最多となった訪日外客数ですが、2017年はどうなっていくのでしょうか。
日本政府観光局(JNTO)から1月、2月の統計が発表されましたので、見ていきましょう。

1月は好調なスタート

2017年1月の訪日外客数は、229万6千人。
2016年1月は185万2千人でしたので、24%増えています。

韓国、中国、台湾、香港といった東アジアからの訪日が約8割を占めています。
近隣諸国からの人気が高いですね。

 2017年1月 訪日外客数 (JNTO推計値)

graf1

典:日本政府観光局(JNTO)

伸び率は低くも、増加傾向な2月

2017年2月の訪日外客数は、203万6千人。
2016年2月の189万1千人から、7.6%増えています。

今年は旧正月が日本の1月にスタートしたのですが、それでも増加しています。

 2017年2月 訪日外客数 (JNTO推計値)

 
graf2

典:日本政府観光局(JNTO)

過去最高の訪日外客数

1月も2月も過去の単月と比較すると、いずれも過去最高の訪日外客数となり、昨年を上回るペースで増加していることが分かります。
また、相変わらず東アジアからの訪日が多いことも分かりますね。

これからは暖かくなり花見のシーズンでもあります。春の日本の美しさを観に旅行需要が高まるのではないでしょうか。四季のある日本ならではの魅力ですね。
3月以降も、インバウンドの期待が高まります。

インバウンドらぼ 編集メンバー N.O