2017年3月31日に観光庁より下記発表がありました。

観光庁、内閣官房及び内閣府は、日本版DMOの形成・確立に向けた地域の取組を情報面から支援するため、観光地域のマネジメント・マーケティングを「誰でも、簡単に、効率的に」実施できるよう支援するシステム・ツールである「DMOネット」の提供を本日から開始いたします。
本システムを通じて、DMOが実施する、観光地経営に必要なデータの収集・分析などの様々な業務を支援するとともに、DMOと、DMOをサポートする民間事業者や専門人材とのマッチングや、全国各地域のDMO間の連携・交流の促進に取り組みます。

参照: 観光庁ホームページ

「DMOネット」の概要

●目的

  • 観光地域のマネジメント・マーケティングを「誰でも、簡単に、効率的に」実施できるよう支援するシステム・ツールである「DMOネット」を開発し、地域に提供する。
  • DMOが担うべき様々な機能・役割について、システムによる支援を行うとともに、 DMOと民間事業者等とのマッチングや、DMO間の連携・交流の促進を図る。

●機能

  1. マーケティング・マネジメント業務の効率化
  2. 専門事業者・専門人材の検索・活用
  3. 他DMO等の情報の取得・活用

DMOネット

参照: 観光庁DOMネット概要資料より編集

以前、インバウンドらぼでもDMOについての記事を掲載しましたが、やはり今後の観光産業発展の要になりそうです。DMOネットを通じて日本版DMOが活発化し、様々な分野のプロ人材が観光産業を盛り上げるようになればと思います。

インバウンドらぼ 編集メンバー Y.N