私がインバウンド関連の記事を書く際に閲覧しているリンクを集めてみました。
「インバウンドの基本的なことについて知りたい」という方向けの初級編です。
是非、参考にしてください。

1.訪日外国人客数など統計データを知りたい!

統計データを扱っている日本政府観光局(JNTO)のサイト。
本年と過去6年分の、月別/年間のPDFデータがあります。
数値やグラフ、地域別の概況がまとめてあるので、現状を把握するには最適です。
余談ですが、出国日本人数(アウトバウンド)や、外国人訪問者数ランキングなどのデータもあります。
統計を知りたいときに便利です。

http://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/data_info_listing/index.html

2.訪日外国人客数の目標数を知りたい!

首相官邸のサイト。

内閣総理大臣が議長を務め、「観光先進国」への新たな国づくりに向けて目標とそれに必要な対応の検討を行うために開催されている「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」の内容がわかりやすくまとまっています。
他にも宿泊外客数など、政府の目標としている数値を知りたいときに便利です。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kanko_vision/index.html

(明日の日本を支える観光ビジョン構想会議:概要)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kanko_vision/pdf/gaiyou.pdf

(明日の日本を支える観光ビジョン構想会議:本文)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kanko_vision/pdf/honbun.pdf

3.訪日外国人の消費動向を知りたい!

国土交通省-観光庁のサイト。
新千歳空港や博多港など国内の18空海港で、訪日外国人に対して調査員による聞き取り調査を行った報告書を閲覧できます。
旅行支出、土産品の購入実態など、四半期ごとに集計された報告書がPDFデータで掲載されています。
自社のサービスや商品の需要を確認し、インバウンド対策を検討するときに便利ですね。

国土交通省
http://www.mlit.go.jp/kankocho/siryou/toukei/syouhityousa.html

4.政府の訪日プロモーション(ビジット・ジャパン事業)の内容を知りたい!

国土交通省-観光庁のサイト。
訪日プロモーションは国土交通省が中心となって行っています。
2003年から実施しており、外国人客の訪日促進に伴い、受け入れの環境整備なども行っています。
現在の活動の内容が確認できるので、訪日プロモーションにおける政府の動向をチェックしたいときに便利です。

国土交通省
http://www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/kokusai/vjc.html

5.幅広く観光の動向を知りたい!

国土交通省のサイト。
「観光白書」は、観光における前年度の状況と今年度の政策を記した資料で、年1回毎年6月に発行されます。
国内外の旅行状況や地域における観光の状況、インバウンド消費や需要の取り込みで変貌する産業・地域の実態など。
観光における動向をデータ化し、グラフなどで見やすく整理されています。
観光に関する動向を知りたければ、まずはこれを見るべし!

国土交通省
http://www.mlit.go.jp/statistics/file000008.html

6.インバウンドに関するニュースが欲しい!

やまとごころ.jpさん。
毎日最新のインバウンドニュースを提供してくれています。
細かくカテゴライズもされているので、気になるジャンルのニュースがすぐに読めて便利です。

 やまとごころ.jp
http://www.yamatogokoro.jp/news/

7.マーケティングに活用できる情報が欲しい!

観光予報プラットフォーム推進協議会が提供する、観光プラットフォーム。
無料で、旅行会社が提供するビッグデータ(宿泊実績・予約データ約7,000万泊)を、
施策立案・マーケティングに活用することができます。

・市区町村ごとに6か月先までの宿泊動向を見ることができます。
・「集計」「分析」「ランキング」の3つの視点でデータを表示します。
・当該地域における観光資源情報の参照、検索ができます。

観光庁ホームページ
https://kankouyohou.com/

まとめ

今回挙げたサイトは定期的に更新されるサイトがほとんどです。
傾向と対策のヒントにもなると思いますので、積極的に情報を追いかけ役立ててください。

インバウンドらぼ 編集部メンバー N.O