2017年1月17日、日本政府観光局(JNTO)が、「2016 年の訪日外客数は前年比 21.8%増の2,403 万9千人で、JNTOが統計を取り始めた 1964年以降、最多の訪日者数となった」と発表しました。
主な増加要因としては、クルーズ船寄港数の増加や航空路線の拡充、これまでの継続的な訪日旅行プロモーションに加えて、ビザの緩和、消費税免税制度の拡充等が考えられます。

訪日外客数のシェア比較
出典: 訪日外客統計の集計・発表(日本政府観光局)

市場別では、韓国、中国、台湾などの主要20市場のうち、ロシアを除く 19 市場が年間で過去最高を記録しました。
中でも中国は前年比27.6%増の637 万人と全市場で初の600万人台に達し、昨年に引き続き最大訪日旅行市場となりました。
加えて、韓国が初めて500 万人を、台湾が初めて400 万人を超え、香港を加えた東アジア 4市場は、前年比 23.1%増の 1,700 万人超となりました。
また、欧米豪 9 市場は前年比 17.7%増の295 万6 千人と300万人に迫る規模となり、堅調に増加しました。

まとめ

これまでさまざまなインバウンド対策についてご紹介してきましたが、その成果が表れた結果になりましたね。
2017年の訪日外国人旅行者数は2,016年よりもさらに多い2,700万人と予想されています。
今後もさらなるインバウンド対策が求められてくるでしょう。

 

インバウンドらぼ編集部 A.O