NTTドコモは、インバウンド対策として、スマートフォンの画面を綺麗にするための「スマホ専用トイレットペーパー」を東急エージェンシーと共同で企画・開発しました。成田空港到着ロビーのトイレ86カ所に設置し、来日した外国人たちが利用するトイレで、日本ならではの‟おもてなし”を味わってもらうのが狙いです。2016年12月16日から2017年3月15日までの期間限定になります。

まずは、プロモーション動画を見てみましょう。

出典: NTTdocomo公式YouTube

スマホ専用トイレットペーパーの使い方のほか、シャワー付き洋式トイレや、訪日外国人が戸惑う和式トイレの使用方法をユーモアたっぷりに解説した親切動画になっています。映像のクオリティも高いですね!

なぜスマホ用トイレットペーパーなのか?

トイレは汚いイメージがありますが、実はスマホのほうが汚いかもしれません。「スマホには便器の18倍の細菌が付着している」という海外の研究結果が話題になるなど、世間的にスマホ画面の汚れに敏感になっているのではないでしょうか。
また、日本のシャワー付きトイレは外国人にとって非常に興味深いものであり、「日本に来て一番感動したことは?」というアンケートでもたびたび上位になりますね。とあるバラエティ番組で、日本で働いている外国人の方が、シャワー付き便座を母国の家族へのお土産に持って帰るという企画があったくらいです。
このような背景から、「スマホ専用トイレットペーパー」が企画されたようです。

インバウンド対策としてのスマホ用トイレットペーパー

観光庁によると、訪日外国人が旅行中に最も困ったのが、「無料の公衆無線LAN環境」で46.6%というデータがあります。


出展: 観光庁資料より編集

専用ペーパーにはドコモのWi-Fiサービス「docomo Wi-Fi for visitor」や旅行情報、翻訳サービス「Jspeak」などの案内が印刷されています。スマホをきれいにするだけでなく、旅行を快適に過ごすためのインバウンド対策ツールになっているところが、すばらしいですね。

まとめ

いかがでしたか? NTTドコモによる成田空港の「スマホ用トイレットペーパー」は2017年3月15日までの期間限定です。設置場所が到着ロビーなので見られる人は限られると思いますが、タイミングが合うラッキーな方は一見の価値があると思います。
2020年に向け、各社、様々なアイデア・切り口でインバウンド対策に取り組もうとしています。今後も「インらぼ」では、先進的なインバウンド対策事例を紹介していきたいと思います。

インバウンドらぼ 編集メンバー Y.N